スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こいゆめ(仮) 作詞・作曲 ゴルゴダ即身仏

 あの春君に出会って 恋して
 放課後の校舎 ぎこちない言葉 
 震えながら吐いて 新緑の木の下
 思いがふっと 溶けました 
  
 人懐きの良い君は無邪気に笑って 泣いて
 隠してた心 ほぐれてく魔法
 夕暮れの帰り道 寄り添い合い 手つなぎ
 こんな時間ずっと 続けばと

 駅前のファミレスに
 学校帰りにふらり 立ち寄って
 ひとりぼっちの夜の涙がふたりぼっちの
 夜の涙に変わる

 夏には 海で 蒼い君が 眩しく
 間延びした昼下がり また夕暮れが好きで
 凪の静寂浸みる  浜辺が暗くなっても
 ずっといろんな事語ったね

 祭り 花火 君の浴衣 綺麗で  
 色どる花をずっと眺めて
 暖めた言葉 夜空に遠のき消える
 街の光が滲みました

 ちっぽけな幸せ噛み締めて
 ちっぽけな自分の事 憂い
 胸に秘めた思い変わらぬまま 今この恋は
 宙ぶらりんに浮かぶ 

 星たちが踊るこの夜に
 君は何も言わず俯くだけ
 一言だけ「頑張ってるもんね」って
 笑顔のままの涙と秋の風
 
 そして来る三度目の冬が
 凍てつく寒さに君の温もりを
 「抱きしめて・・・」僕は夢と引き換えに
 大事なものを失ってくんだね
 
 君が笑う 雲ひとつない空に
 「合格」の2文字握り締め 
 ちっぽけな幸せをかみ締めて
 ふたりで待つ春と東京行き
  
 窓から見えた白銀が
 いつしか消えてく
 君を思い恋こがれた時間だけ
 優しく通り過ぎていく
 
 今は彷徨いもがいては
 抗い流され
 降り立った 東京のネオンと喧騒に
 埋もれて消えないように

 埋もれて消えないように

 君を愛した僕よずっと 
 
 あの春君に出会って 恋して
 放課後の校舎 ぎこちない言葉 
 震えながら吐いて 新緑の木の下
 思いがふっと 溶けました
スポンサーサイト
プロフィール

護国ポリフォニー、時に、bell

Author:護国ポリフォニー、時に、bell
現在事実上活動休止サークルのリーダーでブログを私物化中w歌と作編曲が好き。
ご意見・連絡はこちらまで。
purple.sky.red@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。