スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「此の身、身重の徒花なれば」後記

需要有る無しにかかわらず書きますほぼ自分用に。だってそう決めたんだもん前立腺の中の人が。

とりあえず超難産でしたw(っても二作目か)
投稿コメントにも書いたとおり、製作日数1ヶ月位で三回程方向性に迷い、五回ほど投げそうになりました(実際投げたがw)
具体的には萌えとrockの狭間でぽつねんと立ちつくして歌詞も二通り書き、サビに物足りなさを感じ、展開に閉塞し、ひいてはメロディ自体に疑問を抱き始める。。。
もう早く次の作品を作りたくてしょうがない日々でした。うわーんわん。でも今は元気!嘘です。


★反省点、得た教訓★
◎メロディラインを大事にする。やっぱ歌モノは歌が主役。特にリズムと、歌ってて楽しいかどうかを重視。
・左右ギターパワーコードは1オク違いだとちと重い。
・ハイハットを細かく刻むことでノリがでるかも。
・事前に大まかでも展開を決めて(あがる、さがる程度でも)それにそって配置しないとちぐはぐに。
・ジャンル=マスタリングEQの強調ポイント。いずれにせよ、やや高音強調した方が抜けよくなり聴きやすくなる
・周波数重なりはバッサリ切る。強調したいとこだけピンポイントで。
・お金の力SUGEEEEEEEEEEええええ!
・コード進行は考えすぎ無くてもよい。繰り返しこそ力。
スポンサーサイト

此の身、身重の徒花なれば

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15813710

飾りもなく独り竹刀を降る 
横で夏とあなたを思わせる橘の香
いつの世も絶えぬのは人の争い そうだ
思惑の渦に血は流れるから

人やりならぬ道じゃないと
溜め息入道雲に消えて行け
そこに(戦場)行く/生くしかないんだよ 守るため
強く 強く 強く

咲かせ 散らせ 浮き世の花を
今宵こそ限りと狂い咲け
遠く遠くあなたのもとへ
寧静(思い)が届くまで

泣くな笑え これが定めと
うつせの命ぞ 焼き付くせ
夢も現も分からぬ位
はかなき世を駆け抜ける

戦の足音明日も知らぬ祭りなのにと
呟く顔は綻びて手を当て
子を連れて睦む三人(みたり)の後ろ姿に
ああ と見上げた青十六夜月が微笑む

もう遭えぬかもと いや増す鬼胎 祭り囃子に 浮いて。。。

不意に襲う 遠い情景
涙 夏風に揺れて
全て 命 数珠に繋り 明日にのびゆく

咲かせ 満たせ 浮き世の花を
七重八重にいざ咲き誇れ
長く辛きこの路の果てに
寧静(思い)が芽吹くよう

口端あげて 肯う定め
授かりし命 命が為に
夢も現も分からぬ位
短き世を駆け抜ける

いざ  己が道を駆け抜ける
プロフィール

護国ポリフォニー、時に、bell

Author:護国ポリフォニー、時に、bell
現在事実上活動休止サークルのリーダーでブログを私物化中w歌と作編曲が好き。
ご意見・連絡はこちらまで。
purple.sky.red@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。