スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「此の身、身重の徒花なれば」後記

需要有る無しにかかわらず書きますほぼ自分用に。だってそう決めたんだもん前立腺の中の人が。

とりあえず超難産でしたw(っても二作目か)
投稿コメントにも書いたとおり、製作日数1ヶ月位で三回程方向性に迷い、五回ほど投げそうになりました(実際投げたがw)
具体的には萌えとrockの狭間でぽつねんと立ちつくして歌詞も二通り書き、サビに物足りなさを感じ、展開に閉塞し、ひいてはメロディ自体に疑問を抱き始める。。。
もう早く次の作品を作りたくてしょうがない日々でした。うわーんわん。でも今は元気!嘘です。


★反省点、得た教訓★
◎メロディラインを大事にする。やっぱ歌モノは歌が主役。特にリズムと、歌ってて楽しいかどうかを重視。
・左右ギターパワーコードは1オク違いだとちと重い。
・ハイハットを細かく刻むことでノリがでるかも。
・事前に大まかでも展開を決めて(あがる、さがる程度でも)それにそって配置しないとちぐはぐに。
・ジャンル=マスタリングEQの強調ポイント。いずれにせよ、やや高音強調した方が抜けよくなり聴きやすくなる
・周波数重なりはバッサリ切る。強調したいとこだけピンポイントで。
・お金の力SUGEEEEEEEEEEええええ!
・コード進行は考えすぎ無くてもよい。繰り返しこそ力。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

護国ポリフォニー、時に、bell

Author:護国ポリフォニー、時に、bell
現在事実上活動休止サークルのリーダーでブログを私物化中w歌と作編曲が好き。
ご意見・連絡はこちらまで。
purple.sky.red@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。